Logo

都城市イベント情報集約サイト

都城市イベント情報 > 【一部中止】収蔵作品展「新しい物語のはじまり2021」(令和3年5月18日~6月20日)関連イベント 灯ろう絵を描くワークショップ(要予約・人数制限あり)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いイベントが中止等になる場合があります。
ご参加される際は事前に各イベントの主催者にご確認ください。

【一部中止】収蔵作品展「新しい物語のはじまり2021」(令和3年5月18日~6月20日)関連イベント 灯ろう絵を描くワークショップ(要予約・人数制限あり)

<p>【一部中止】収蔵作品展「新しい物語のはじまり2021」(令和3年5月18日~6月20日)関連イベント 灯ろう絵を描くワークショップ(要予約・人数制限あり)</p>

"臨時休館のお知らせ(令和3年5月21日~令和3年6月10日)
更新日:2021年5月21日更新
新型コロナウイルス感染拡大のため、都城市立美術館は臨時休館します
期間
令和3年5月21日(金曜日)~令和3年6月10日(木曜日)

※期間など変更がある場合は、当ホームページまたはSNSでお知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
概要
当館では収集方針に則り、毎年数件~数十件の都城・南九州にゆかりのある作品や資料を収集しています。
近年は、山田新一の大回顧展や南九州の現代作家による「メッセージ2017」の開催により、展示作品や関連資料を所蔵する機会に恵まれました。昨年度は、大野重幸の貴重な戦前の作品「のどか」や黒木アヤ子の後期代表作である「遊」など計4点がコレクションの仲間入りを果たしました。
開館当初は、わずか49件しかなかったコレクションも、現在では1200を超える数となり、収蔵作品によるテーマ別の展覧会を年に4回程度開催できるまでになっています。この「新しい物語のはじまり」は、当館の新収蔵作品を紹介する展覧会シリーズで、10年以上前から定期的に開催しています。本展では、昨年度収集した作品のほか、近年収集した絵画や資料、インスタレーションなど初公開5点を含む約40点を展示します。

関連イベント(いずれも参加無料)

地域の伝統行事・六月灯にちなみ、灯ろう絵を描くワークショップを行います。
日時:6月の会期中の土曜日および日曜日"

日程

・2021年06月12日(土)~2021年06月13日(日)
・2021年06月19日(土)~2021年06月20日(日)

場所 宮崎県都城市姫城町7-18

都城市立美術館

料金 無料
31.719265 131.063026

参照サイト:都城市立美術館

※イベントの内容・日時・場所などは変更になる場合があります。
ご参加される際は参照ページをご確認ください。

※当ページの掲載情報に誤りを見つけられた場合には、大変お手数ではございますが、当ページのURLと修正内容をinfo@infomotion.co.jp宛にメールでご連絡ください。

アートのイベント

カルチャーのイベント

都城市イベント情報

【一部中止】収蔵作品展「新しい物語のはじまり2021」(令和3年5月18日~6月20日)関連イベント 灯ろう絵を描くワークショップ(要予約・人数制限あり)