Logo

都城市イベント情報集約サイト

都城市イベント情報 > 令和3年度都城歴史資料館企画展「お宝のタイムカプセル―神社に眠る都城の歴史―」を開催します(10月1日~12月12日)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いイベントが中止等になる場合があります。
ご参加される際は事前に各イベントの主催者にご確認ください。

令和3年度都城歴史資料館企画展「お宝のタイムカプセル―神社に眠る都城の歴史―」を開催します(10月1日~12月12日)

<p>令和3年度都城歴史資料館企画展「お宝のタイムカプセル―神社に眠る都城の歴史―」を開催します(10月1日~12月12日)</p>

"都城にある神社の中には、古文書や神像などの貴重な資料を保持した神社があります。かつて廃仏毀釈の影響を色濃く受けた都城において、神社は、それらを現代の私たちにつたえるタイムカプセルのような役割を果たしました。
今回の企画展では、市内の神社に残され、今では文化財となったそれらの資料を展示するとともに、そこから読み取れる都城の歴史について紹介します。

会期
令和3年10月1日(金曜日)から12月12日(日曜日)まで

休館日
毎週月曜日
ただし、祝日の場合は翌日

開館時間
午前9時30分から午後5時まで
ただし、入館は午後4時30分まで

場所
都城歴史資料館1階資料展示室1

入館料
入館料が免除・割引になる場合があります。詳しくは、利用案内で確認ください。

個人
大人:220円
高校生:160円
小中学生:110円

20人以上の団体
大人:160円
高校生:110円
小中学生50円

主な展示資料

東霧島神社文書(東霧島神社所蔵/市指定文化財)
東霧島神社は、代々の島津宗家からの信仰が篤かった神社です。
写真の資料は東霧島神社に伝わった文書のうち、「島津久豊願文」などの島津宗家に関連した文書6点を巻子仕立てにしたものです。

興玉神社内神殿棟木(興玉神社所蔵・都城歴史資料館寄託)
興玉神社の内神殿は、もともとは正応寺薬師堂にあった仏像を安置するための厨子でした。
正応寺は明治時代の廃仏毀釈により廃寺となりましたが、厨子は興玉神社に移され、内神殿として使用されています。
この内神殿は、現在は国の重要文化財に指定され、写真の棟木も附として指定されています。

このページに関する問い合わせ先
文化財課(菖蒲原町)一般文化財担当
宮崎県都城市菖蒲原町19-1
電話:0986-23-9547 ファクス:0986-23-9549 メールでの問い合わせはこちら"

日程

・2021年10月01日(金)~2021年10月03日(日)
・2021年10月05日(火)~2021年10月11日(月)
・2021年10月13日(水)~2021年10月17日(日)
・2021年10月19日(火)~2021年10月24日(日)
・2021年10月26日(火)~2021年10月31日(日)
・2021年11月02日(火)~2021年11月07日(日)
・2021年11月09日(火)~2021年11月14日(日)
・2021年11月16日(火)~2021年11月21日(日)
・2021年11月23日(火)~2021年11月28日(日)
・2021年11月30日(火)~2021年12月05日(日)
・2021年12月07日(火)~2021年12月12日(日)

場所 宮崎県都城市都島町803

都城歴史資料館1階資料展示室1

料金 参照ページを確認ください
31.7161557 131.0505609

参照サイト:都城市公式ホームページ

※イベントの内容・日時・場所などは変更になる場合があります。
ご参加される際は参照ページをご確認ください。

※当ページの掲載情報に誤りを見つけられた場合には、大変お手数ではございますが、当ページのURLと修正内容をinfo@infomotion.co.jp宛にメールでご連絡ください。

アートのイベント

カルチャーのイベント

都城市イベント情報

令和3年度都城歴史資料館企画展「お宝のタイムカプセル―神社に眠る都城の歴史―」を開催します(10月1日~12月12日)