Logo

都城市イベント情報集約サイト

都城市イベント情報 > 収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ 灯ろう絵を描くワークショップ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いイベントが中止等になる場合があります。
ご参加される際は事前に各イベントの主催者にご確認ください。

収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ 灯ろう絵を描くワークショップ

<p>収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ 灯ろう絵を描くワークショップ</p>

"趣旨
当館では今秋、浮世絵師・歌川広重の名作「東海道五拾三次」を紹介する特別展を予定しています。この特別展に先立って、この度、当館の収蔵品の中から版画作品を集めて紹介する収蔵作品展「版で表す」を開催します。

宮崎市出身の瑛九をはじめ、片ノ坂登、高野等※、河辺一周、黒木周など郷土ゆかりの作家を中心に紹介し、版画の魅力を感じとります。さらに、ルオーや草間彌生など世界的な作家を含むS氏コレクション(収集家S氏による寄贈作品群)もご紹介します。

また一部、「郷土作家コーナー」として日本画家・山内多門や益田玉城、洋画家・山田新一など郷土を代表する作家の作品も併せてご覧ください。

本展を通じ、版を介して紙とインクから生まれるイメージの豊かさを感じ、その魅力を発見していただければ幸いです。

※「高」は、はしごだか

会期
令和4年5月24日(火曜日)~6月26日(日曜日)

※月曜日休館

時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

場所
都城市立美術館

観覧料
無料

関連事業

灯ろう絵を描くワークショップ(無料)
内容:地域の伝統行事「六月灯」に関連して、和紙に手本を写し取る方法で、手軽に本格的な灯ろう絵を描くワークショップです。

日時:6月~8月の開館日、午前10時~午後4時

※団体の場合は事前に連絡ください。

来館時の留意事項(新型コロナウイルス感染拡大防止に協力ください)
https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/site/artmuseum/19544.html"

日程

・2022年06月01日(水)~2022年06月05日(日)
・2022年06月07日(火)~2022年06月12日(日)
・2022年06月14日(火)~2022年06月19日(日)
・2022年06月21日(火)~2022年06月26日(日)
・2022年06月28日(火)~2022年07月03日(日)
・2022年07月05日(火)~2022年07月10日(日)
・2022年07月12日(火)~2022年07月17日(日)
・2022年07月19日(火)~2022年07月24日(日)
・2022年07月26日(火)~2022年07月31日(日)
・2022年08月02日(火)~2022年08月07日(日)
・2022年08月09日(火)~2022年08月14日(日)
・2022年08月16日(火)~2022年08月21日(日)
・2022年08月23日(火)~2022年08月28日(日)
・2022年08月30日(火)~2022年08月31日(水)

場所 宮崎県都城市姫城町7−18

都城市立美術館

料金 無料

※イベントの内容・日時・場所・料金などは変更になる場合があります。
ご参加される際は「イベント詳細を見る(参照ページ)」をご確認ください。

新型コロナウイルス感染防止策

【参加者へのお願い】
マスク等の常時着用(参加者) / 手洗い消毒等の徹底(参加者) / 入場時の検温(参加者) / 体調不良時・濃厚接触者の来場自粛 / 参加者の把握

【スタッフ対策】
マスク等の常時着用(スタッフ) / 定期検温・体調管理の徹底(スタッフ)

【会場対策】
消毒対策(会場) / 身体距離の確保

※上記の情報は参照ページに記載されている情報をもとに当サイトの運営会社が判断して記載しております。
※上記に記載されていないとしても各感染防止策が実施されていないとは限りません。
※各感染防止策の実施を保証するものではありません。

31.719301 131.0631067

参照サイト:都城市立美術館

※当ページの掲載情報に誤りを見つけられた場合には、大変お手数ではございますが、当ページのURLと修正内容をinfo@infomotion.co.jp宛にメールでご連絡ください。

アートのイベント

カルチャーのイベント

都城市イベント情報

収蔵作品展「版で表す」(令和4年5月24日~6月26日)ーアーカイブ 灯ろう絵を描くワークショップ